HOME > 本文紹介Ⅱ




脳科学の進展にもとづいた催眠療法

“心の病”は治せるのです。人間関係や環境などからの“いろんな精神的苦痛“も、解消できるのです。いままでなおらなかったとしても、諦めないで、この本の内容を信じて、治すことができることに期待してください。
 心がトラウマを受けると、脳も確実にダメージを受けているものです。そのことが最近の脳科学で実証されています。この脳のダメージを回復させるには、過去の自分のままではダメなのです。現実にうまく適応するための、新たな自己向上を図るための心理療法と、心の深層である無意識領域の癒しが必要なのです。心の傷を癒しながら、根本的に自己を再構築しなければなりません。
 催眠療法は、心の病やどうすることもできない精神的苦痛を解消するのに、すばらしい効果を発揮します。そして今、催眠療法について語るとき、ここ数年の脳科学の発展について触れないわけにはいきません。
 脳科学の技術的な進歩で、視覚的に、脳の働きや疾患部分も見ることができるようになり、高次脳機能の解明やゲノム解析の飛躍的進展により、心を、分子生物学の分野でも捉えることができるようになったことなどに注目しなければなりません。
 今や、フロイト(1856~1939)の理論は、現代の脳科学で裏付けられる部分や否定される部分があります。フロイトの時代には見ることができなかった脳の高次機能が見えるようになり、これまで無意識の働きとして捉えられていた、心の深層が明確になってきたのです。
 意識とは何か、無意識とは何か、これら二つの世界が実は脳の違った部位での神経細胞の働きであることが実証されています。意識とは、大脳新皮質の前頭連合野の働きであり、無意識とは大脳辺縁系の海馬や扁桃体を中心にした情動系の働きなのです(第6章、P241参照)。
 そして、私たちの意識(意識を司る前頭前野)は、無意識の領域での脳の活動を、すべて意識化(認識)することはできないでいます。このあたりはフロイト以来の深層心理学と同じなのです。
 私たちが“心の病”に陥ったとき、脳の無意識の領域がダメージを受けています。そして、長期の心理的ストレスによる、生理的・神経的反応の結果、さらに、脳内のダメージが悪化されているのです(第3章、P136~139・第6章、P244~246)。


ダメージを受けた脳を回復させるメカニズム

 ここまで分かった現代において、催眠療法を昔ながらの手法で行っても、それだけでは根本解決にはならないということを理解してほしいと願います。
 あなたの知識として持っていた“催眠療法”のイメージは、もう過去のものです。
 マインド・サイエンス独自の催眠療法は、心理療法の重要性をふまえ、理性に訴えながら、催眠状態による暗示で無意識の領域の情動に働きかけることを行います。
 心の病で苦しんでいるとき、トラウマ(心の傷)や慢性的なストレスにより、脳の組織にダメージが生じているのが明確なのに(第6章、P244参照)、何回か催眠をかけて暗示を与える一般的な昔ながらの催眠療法だけでは、治せるものではありません。
 すでにダメージを受けた脳機能を元に戻すためには、的確な心理療法が必要なのです(第1章、P56参照)。無意識の領域である、傷ついた情動系の不適切な興奮や機能異常をコントロールするために、意識の領域であり理性の領域である前頭連合野が正しく機能するようにしなければいけないのです。
 前頭連合野は、前頭前野、前頭葉とも呼ばれちょうど“額の裏側”の脳の部分です。ここは、生まれてから経験(学習)した多くのことが記録されています。
 親子関係を含んだ環境に問題があり、子供時代に不満や葛藤などの満たされない経験があれば、この脳部位の働きである認知に問題を残します。また、同時に悲しみや虐待などの強い苦痛を味わっていたとしたら、情動系の領域(大脳辺縁系)の神経細胞にその時の刺激による条件付けができます。
 条件づけられた神経回路(ニューラルネットワーク)は、何らかの条件刺激が生じると、環境の中で反射的に働き始めます。
本来は無意識領域の情動系での反応を意識が察し、不適切な反応と理性が判断したら抑制をかけるのですが、トラウマがらみの条件反射による情動系の混乱は、理性の場である前頭連合野ではどうすることもできなくなるということがわかっています。
 適切な心理療法が必要だといっているのは、表現を変えれば、理性の場である前頭連合野が不適切な情動系の混乱や暴走に対し、正しくコントロールできる力を取り戻してやるためなのです。
 そのためには、意識の世界に、無意識の混乱は「こういった過去の出来事が原因なのだ」、「抑制しなければいけないことだ」ということを、理解させる必要があるのです。退行催眠療法の価値はここにあります。
 意識の場が、理性的に因果関係を捉えることができ、本来どうあるべきかの的確な判断ができるようになれば、無意識の混乱は収まり、その結果、症状が治り、精神的苦痛や問題からも開放されるのです(第5章、P.185・第6章、P247参照)。
 もちろん、長期間に形成された脳自体のダメージの回復を待つ時間も必要です。それゆえに、脳のダメージが早く修復される努力も、忘れてはなりません。
 私は、心理療法における意識・無意識領域への最適で迅速な合理的アプローチには、催眠の技術は欠かせないと思っています。

3、認知の修正

 ストレスが心の病を生み悪化させる

 心理療法において重要なものの一つに、認知の修正があります。ストレスに対する個人のとらえ方や感じ方(これを情動認知スタイルという)が無視できない影響を持つことが分かってきました。
 長い人生の年月の中で形成された認知のゆがみを見出し改善していくことが重要になるのです。
 人は思い込みや勘違いで生きているといっていいほど、勝手に悩み勝手に苦しんでいるところがあります。これまでのトラウマや誤った自己イメージを修復するための正しい価値観や考え方を身につけることで、人間関係や環境に対する認知を見直すことが出来るように、心理療法と催眠療法で意識と無意識に働きかけ、ストレスから開放されることが必要です。
 幼児期や成長期に形成され、内在化しているネガティブな自己イメージや内なる声によって繰り返された、ネガティブな思考を修正する手段としての正しい学びが必要になってきます。
 人は自分なりの信念や道徳観などの信条にそって生きています。しかし、何かのきっかけや誘惑でそれらに反した行動をとると、反射的に言い訳を考えて自己の決断や行動を正当化します。
 ところがそういった状況が続き、無意識の領域で罪悪感を感じてしまうと、人は自己の決断を正当化させるために、誤った結論で自分を納得させようとします。これを心理学では誤帰属と表現します。
 このような意識上の心をごまかそうとする無意識の働きが心の葛藤を作り出し、心の病へと発展させるのです(第3章、P121参照)。

ストレスは心の病の原因であり、またさらに悪化させてしまう元凶です。心の病で苦しんでいる時には、このストレスをいかに早く解消させるかが重要な課題なのです。
 人がトラウマと呼ぶような体験をしているとき、脳と身体ではストレス反応が起こっています。ストレスは内分泌系、自律神経系、免疫系の3つの重要な働きを壊していきます。これが心の病を作り出す原因であり、悪化させる原因でもあるのです(第6章、P244参照)。


癖は心の条件反射

 意識で努力してもどうにもならない心の世界は、無意識が支配しています。この無意識の世界で働いている、条件反射という機能があります。人には反射機能が働いていて、身体的反射だけでなく精神面での反射機能が脳の情動系に作られます(この情動に関しても、後ほど詳しく説明します)。
心の病で経験する予期不安や様々な恐怖は、すべて条件付けによって情動脳に形成された心の条件反射なのです(第4章、P170・第5章、P174参照)
 それゆえに、体験が繰り返されるごとに強化され、消失させにくいやっかいな症状となってしまいます。こうした知識をもとに、どうすれば改善できるかを理解し治していくのです。
 もう少し簡単に説明しますと、子供たちが大好きなケーキを、ある特別な検査の後に、ご褒美として与えられていたとします。この検査後は、子供はもちろん大人でも、胃の不快感が出るとしましょう。
 子供たちは、初めのうちは喜んでケーキをもらって食べていますが、数度目からは、ケーキを食べることを嫌がるようになります。
子供にとっても、胃部の不快感は食べることにつながって考えてしまうので、もらったケーキを食べると、胃の調子が変だと結論付けるようになります。しかしこれは間違った結論付け(誤帰属)です。(第3章、P128参照)
 子供たちの知識による意識では、胃部の不快感とケーキが正しく関連づけられることなどけっしてないのですが、2~3度続けて胃の不快感を経験してしまうと、それまで大好きだったケーキも、なぜか段々と嫌いになってしまうのです。
 もちろん、原因が意識で理解されないまま、時間の経過と共に、同じ味がするケーキ全般に拒絶感は広がっていく可能性があります。このように、知らず知らずの内に子供たちのなかに条件回路が出来上がり、その条件反射に影響を受けて生活することになります。
 この条件反射は、一般に“癖”として認識されています。人の顔色をうかがう癖、緊張する癖、心配する癖、落ち込む癖、不安がる癖などの心の癖=傾向は、遺伝子の影響などとも絡み、環境によって個人的傾向が作られていくのです。
 自分の癖に対する客観的認識が必要です。人と比較して、自分がどの程度強いのか、この癖はどのような環境の中で作られたものか、当時や現在の自分にどのように影響しているかをわかっておく必要があるのです。

 無意識の仕組みを理解する

 意識でとらえられない無意識の機能はどのようになっているのかを理解して、自分の心の働きをコントロールする術を学ぶことも必要です。心の病で苦しむ人の中には、子供のときから“心の取扱説明書”が欲しいと思っていたと訴える人もいます。自分の心でありながら、それほどてこずっているのです。
 あなたが環境にうまく適応できずにわがままに生きているとします。もちろん周りが理解を示し、あなたの性格として受け入れているのですが、一見、楽に見えるこういった状況もだんだんあなたの心を冒していくのです。
 なぜなら、あなたの周囲への甘えやわがままな身勝手な感情と行動は、無意識に潜むトラウマの働きだからなのです。容易に意識できにくい無意識の世界の仕組みが理解できていたら、もっと自分自身の心を理解でき、コントロールすることが出来るようになるものです。







目   次

はじめに――

序章 心の病を治す

1、心の病は治せる
あなたは変わることがででる
催眠で無意識に働きかける
心理療法で意識(理性)に働きかける
理性と情動を修正する心理療法

2、心の病と無意識
心の病は情動を修正すれば治る
脳科学の進展にもとづいた催眠療法
ダメージを受けた脳を回復させるメカニズム

3、認知の修正
ストレスが心の病を生み悪化させる
癖は心の条件反射
無意識の仕組みを理解する

4、心の病を治す諸要素
脳に必要な物質セロトニン
運動が作る神経栄養因子が心を回復させる
さまざまな心の原理を理解することが先決
自分の無意識を見つめ直すことから

第1章 催眠(心理)療法の役割

1、退行催眠を活用した心理療法
トラウマの原因の記憶を抑圧
催眠状態に入りやすい人、入りにくい人
どんな脳のタイプでも催眠に導ける
記憶の諸様相
過去の記憶は修飾されている
退行催眠によってトラウマを探る

2、心の病と脳の神経細胞
心の病は脳神経にダメージを与える
ストレスで海馬は萎縮する
カウンセリングだけでは改善しない
子ども時代のトラウマは影響が大きい
退行催眠は素晴らしい技術

3、情動が心の病を引き起こす
情動から感情が形成される
情動の脳内メカニズム
こころの健康は情動の衛生管理によって保たれる
トラウマによる情動の表出

第2章 人はなぜ心の病にかかるのか

1、心の病にかかりやすい引き金
発達障害も原因になる
トラウマが生じる原因
愛に飢えた子供時代を過ごした場合
親の過度の期待も心の病の要因になる
心の「渇き」を自覚することがまず第一歩

2、トラウマを受ける成育環境
子供のときの要求不満
欲求不満の子どもは不機嫌で付き合いにくい大人に成長
親に対し甘えの要求を満たせないまま成長する場合

3、トラウマを抱えた大人の対人関係
トラウマを抱えた親は子供を管理する
依存心を愛情と錯覚する
依存性を隠し持っている男女の場合
退行催眠による心理カウンセリングの必要性
相手を理解することでトラウマを乗り越える

4、スキンシップの重要性
スキンシップは心の身体の両面に好ましい影響を与える
スキンシップはストレスも克服させる
スキンシップは依存心を減少させ自立心を育てる
母親の愛情が人へ信頼性を育む
スキンシップは免疫力を高め自然治癒力を強める

第3章 心と脳と病気

1、無意識と意識
無意識の要求が人生を左右する
意識は氷山の一角
サブリミナル効果
意志の拒否プロセスが働く
無自覚の「気づき」と無意識の働き

2、不確かな原因帰属による心の病
浮気や不倫による心の病
本当の原因は無意識の中にある
認知的不協和による心の病
誤帰属によるトラウマの誤解

3、遺伝的要素によるトラウマの形成
遺伝子によってある程度左右される性格
遺伝子が環境に影響を与える
親の遺伝子が子供の人生にも影響する

4、ストレスの心と体への影響
ストレスによる免疫機能への影響
自律神経系による精神的な影響
笑いによるストレス解消の効果
情動ストレスが体に及ぼす影響

第4章 トラウマが人生に及ぼす影響

1、トラウマによる精神的苦痛
コンプレックス(複合的)トラウマ
トラウマの正体をしっかり理解する
トラウマ的情動から心を切り離す
無自覚な精神的ストレスによる心身の症状
トラウマ的情動を理性で抑える
人に見捨てられる不安
見捨てられた現実を受けいれられない苦しみ

2、トラウマによって形成された情動
トラウマによって生じる身勝手な甘え
尽くすことで束縛する
束縛の感情は双方でエスカレートする
際限ない欲望から生まれる飢餓感
トラウマの埋め合わせをパートナーに求める

3、トラウマからの解放
諦めずにトラウマに立ち向かう
トラウマの条件反射を改善する

第5章 トラウマが作り出す症状

1、トラウマと長期のストレスによる症状
パニック発作を起こす条件反射のメカニズム
恐怖がパニック発作を引き起こす
典型的なパニック発作の流れ
扁桃体によって恐怖反応が活性化される
強迫性障害
薬の開発と遺伝子工学
トラウマを言葉にする価値

2、脳機能の低下による心の病
摂食障害(拒食・過食症)
摂食障害は脳の栄養を不足させる
摂食障害には4タイプある
気分変調性障害
対人コンプレックスの母に育てられた娘
過去を後悔せずに理解する
自傷行為(リストカット)
脳の機能異常
劣等感・緊張・あがり
正しいイメージトレーニングで改善をはかる

3.心の病を発症する原因
引きこもりになる原因
S遺伝子を持つ日本人は不安を感じやすい
若年性認知症を発症した原因

4、心の病が改善する要因
10年以上引きこもっていた30歳男性
運動によるBDNF分泌の重要性
脳に必要な栄養
脳は栄養素を管理している
脳内物質のアンバランスがらうつ病や更年期障害に
セロトニンは肉からつくられる
その他の心の病

第6章 生きるとは

1、幸運を引き寄せる力を引き出す
希望や願いを正しく求め続ける
ベストを尽くせば幸運を招く
自分の無意識の中を認識する
前世療法(三度も心臓を刺されて死んだ女性)
“魂のトラウマ”は解消することができる

2、情動をコントロールする方法
自分の性格的癖をおさえておく
扁桃体をいかに制御するか
情動記憶とエピソード(出来事)記憶

3、情動と理性を調和させる
ストレスが脳に与える影響
理性を鍛えて情動をコントロールする
情動系に形成されたトラウマを認識しておく
情動と理性の調和による人間的な生き方

4、自分自身を修正して環境を変える
自分を正確に知るということ
新しい思考法で自分自信を修正する
発病した場合、いち早く対処の仕方を身につける

【付  録】

◆催眠術について

◆自己催眠について

あとがき